スイングトレードとロンドンフィッキング

FXにはスイングトレードという取引方法があります。 スイングトレードとはどのような取引方法なのでしょうか。

FXの取引にはいろいろな方法があります。 短期間で取引を終了させる方法、 長期間に渡って取引を行う方法など、 取引期間も人によって違ってきます。

スイングトレードは、短期間で売買を終了させてしまう取引方法です。

この取引には現在の市場相場に敏感で、 今後の動きを予測することが必要です。 またチャートを活用して判断していくことが必要です。 チャートの見方に慣れている人は、この取引はお勧めです。 短期間で取引を終了させる為、 深追いして大きく負けることも防ぐことができます。

しかし現在の相場に敏感でなければならないとは言っても、 ずっとパソコンに張り付いていて常に値動きを見ていなければならないというわけではありません。 その為スイングトレードを好む人は多くいます。 特に日中は仕事があるので市場チェックが難しい人に向いています。

しかし一日の中でッ必ずチェック、注意する時間帯があります。 NY終値はもちろんですが私が注意しているのが、 ロンドン時間のロンドンフィッキングと東京時間の仲値ですね。

ここで結構値が動いたときは、要注意、 特にロンドンフィッキングの値がその後の相場の転換点となることもありますので。。