RSIの20と70でトレンドをつかむ!

そもそもRSIとは?FXのテクニカルチャートにはRSIというものがあります。 RSIとは「Relative Strength Index」の略で、日本語では「相対力指数」とも呼ばれます。 RSIはオシレーター系のテクニカル指標ですが、「ろうそく足」や「移動平均線」などの トレンド系の指標と併用されることも多いです。

ストキャスティクスと基本が似ていますが、1本の線の触れ幅が為替相場の売られすぎと買われすぎを示します。 投資判断で使うときの基本としては、RSIが0パーセントに近いほど相場が売られすぎ、 反対に100%に近いほど買われすぎと見ます。

RSI

上記の画像はユーロ/円の日足チャートにRSI(下)を表示したものです。 RSIには20~30%を底値、 70~80%高値としてみることができ、このため、買いシグナルは20~30%、70~80%の時は売りのシグナルと判断します。

「RSIの20と70でトレンドをつかもう」 RSIのラインで注目して欲しいのは、20%と70%のラインです。 これはRSIが示す底値の目安が20%、高値の目安が70%のためです。 よって、上昇トレンドのときに70%が50%になって相場の反転を確認したら、 買い注文を出すベストタイミングです。

ただし短期間のRSIや大相場を作る段階では、RSI単体ではだましにあうこともあります。 よって一目均衡表等のトレンド系のチャートも一緒に見るようすると精度が上がります。

9月27日:雲を抜け出たその後、1.30から戻り売りを開始、しかし上昇加速し1.31台を付けました。現在、下落中ですがまだ下落トレンドには程遠い状況が見て取れます。どうする俺!

一目均衡表