アベノミクス

アベノミクスによる日本の景気底上げ期待感が最近は半端では無いですね。 ドル円にいたっては91円台を回復するなどの脅威の円安が進んできています。

ドル円日足

民主党政権時代では、到底及ばなかったこのドル円の水準ですが、 今では介入なくしてこの水準を維持してきているのでアベノミクスによる景気向上の期待感はすごいですね。

アベノミクスはデフレから脱却して、経済再生を目指していくために大胆な金融緩和を進めるという 安倍政権の経済政策です。このアベノミクスにより政府と日銀は2%の物価上昇を目標とする 共同声明を発表しています。

この物価上昇が行われると景気が良くなるとされています。 また安倍政権では金融緩和、財政運営、民間投資の3つの戦略を立てており、 この3つを三本の矢と呼んで政策を推し進めています。

ただ、円安導入と見られており海外からの批判も多いというのも事実です。 ですが、海外勢からは日本株も買いなおしが進んでおり、 また景気向上により円で資金を調達して海外投資するという、 いわゆるキャリートレードも盛んになってきており円も売られるという状況につながっているので、 日本経済にとってはかなりの好影響を与えているという情況には間違いがありません。

これからもアベノミクスは推し進められると思われますので、 ドル円が再び戦後最高値を目指すということは起こりえそうにあり得ませんね。